ポッコリお腹〜便秘と関連の深い症状や病気〜

ポッコリお腹

便秘になると膨らんでくる下腹部。

 

このポッコリお腹は滞留している便と、その便が発するガスで腸が膨張している証拠です。
このガスは便が腐敗して発するもので、オナラとして排出するものですが、人前だと我慢してしまいます。

 

このためガスは腸に溜まっていき、腸内環境をさらに悪化させてしまうので、我慢すると危険です。

 

とはいえ人前だろうがどこだろうが、気にせずオナラができるかというと、これは無理。
やはり大元の便秘をなんとかしなければなりません。

 

便秘を解消するためには食生活の改善と運動が欠かせません。
便秘には食物繊維が良いとされますが、これは繊維質は消化されずに腸まで達し、水分を吸収する性質があるため、便に繊維質が混じるとやわらかくなり、排便しやすくなるのです。
このため、食物繊維の摂取とともに水分の補給が必要です。

 

運動は腸の運動を活発にして排便しやすくするためです。
ヨガやストレッチ、ジョギングなどの軽い運動でかまいません。

 

同時にガスも抜けるのでお薦めです。
排便のときに便を押し出すための筋力をつける目的もあるのですが、これは筋力がだいぶ衰えている方の場合で、ふつうの方がそこまでいきむと痔になることがあるので注意してください。

 

女性でとくに注意が要るのがダイエットです。
ポッコリお腹が気になって、便秘中なのに食事制限をしてダイエットをはじめる方がいますが、これは大変危険なことです。
便意は便が溜まらないと起きません。
ダイエットによって食事量を減らすと、余計に便意を感じづらくなり、便秘が悪化してしまうのです。

 

便秘でもないのにポッコリお腹になっている方、あるいは便秘が解消したにもかかわらず、ポッコリお腹が改善しない場合は、骨盤がゆがんで腸が落ちてきている可能性があるので、一度形成外科などで診察を受けることをお奨めします。

ポッコリお腹〜便秘と関連の深い症状や病気〜関連ページ

大腸がん
便秘が大腸がんの原因になるのではないかという研究もあります。なってからでは遅いです。大腸がん予防のためにもしっかり腸内環境は整えておきましょう。
大腸ポリープ
大腸ポリープが出来たから便秘になったのか。便秘だったから大腸ポリープが出来てしまったのかはまだ不明ですが、便秘と大きな関連があることは確かです。
痔は大きく分けていぼ痔・切れ痔・痔ろうの3種類ありますが、どれも便秘と大きな関連があります。痔の予防や再発にも便秘解消は大きな課題です。
大腸メラノーシス
聞き慣れない名称の病気かもしれませんが、便秘薬の常用などで発症します。大腸メラノーシスの症状や原因、治療法などを解説しています。
腰痛
腰痛が原因で便秘になったり、便秘が原因で腰痛が引き起こされたりと便秘と腰痛は切っても切れない関係にあります。ここでは便秘と腰痛の関係に迫ります。
ニキビや肌荒れ
便秘で腸内環境が悪くなるとニキビや肌荒れの原因となります。美容のためにも便秘はしっかり対策する必要があります。美肌の秘訣は内面からですね。