腰痛〜便秘と関連の深い症状や病気〜

腰痛

便秘になると腸に便が溜まり、腸内は便が発するガスなどが充満して環境が悪化します。
また、そのために腸は膨張してぽっこりお腹になってしまいます。
腸の膨張はほかにもさまざまなトラブルを起こすことがあります。

 

たとえば腰痛です。

 

 

腸が膨張すると周辺にある器官を圧迫します。
このため血行も悪くなり、これが腰痛を起こします。
このほか、腸の膨張が腰椎を圧迫して腰痛を引き起こすこともあるようです。

 

また、便秘になる方の多くは運動不足の方や、デスクワークで終日同じ姿勢を強いられている方が多く、そのために腰痛を引き起こしていることも考えられます。
この場合は無理がかからない程度に運動をして便秘と腰痛の解消をはかることをお奨めします。

 

 

骨盤のゆがみが原因となって便秘や腰痛を引き起こすこともあります。

 

腸は骨盤にある腸骨に支えられています。
この腸骨がずれたり変形したりすると、腸を支えることができなくなって、腸に悪影響が出ます。

 

そのひとつが便秘です。

 

しかし、腸骨がずれたり変形してもほとんど痛みは感じません。
このため腸骨の異常としては自覚できないのです。

 

腸骨が異常を起こす原因は日頃の姿勢の悪さによるものです。
このため腰痛を起こしているひとも少なくありません。
この場合、自覚症状としてあらわれるのは、便秘と腰痛になります。

 

腸骨の異常は前述したように自覚しづらいため、便秘と腰痛ばかりに気をとられ、的外れの処置を繰り返してしまうこともあります。

 

いつまでも腰痛や便秘が続くようでしたら、一度形成外科にも足を運んで診察を受けられることをお奨めします。"

腰痛〜便秘と関連の深い症状や病気〜関連ページ

大腸がん
便秘が大腸がんの原因になるのではないかという研究もあります。なってからでは遅いです。大腸がん予防のためにもしっかり腸内環境は整えておきましょう。
大腸ポリープ
大腸ポリープが出来たから便秘になったのか。便秘だったから大腸ポリープが出来てしまったのかはまだ不明ですが、便秘と大きな関連があることは確かです。
痔は大きく分けていぼ痔・切れ痔・痔ろうの3種類ありますが、どれも便秘と大きな関連があります。痔の予防や再発にも便秘解消は大きな課題です。
大腸メラノーシス
聞き慣れない名称の病気かもしれませんが、便秘薬の常用などで発症します。大腸メラノーシスの症状や原因、治療法などを解説しています。
ニキビや肌荒れ
便秘で腸内環境が悪くなるとニキビや肌荒れの原因となります。美容のためにも便秘はしっかり対策する必要があります。美肌の秘訣は内面からですね。
ポッコリお腹
特に女性の方に多いぽっこりお腹。これも便秘が原因です。腸内環境の悪化でぽっこりお腹になってしまうと様々な不調や病気の原因となったり、美容にもよくないのでしっかり解消していきましょう。