大腸ポリープ〜便秘と関連の深い症状や病気〜

大腸ポリープ

大腸ポリープとは大腸の粘膜に生じるイボ状の突起物のことです。
大きさは数ミリから数センチのものまで、さまざまです。ポリープと言われると、すぐにガンだと思い込んでしまう方がいるようですが、たいていのポリープは良性で、放っておいてもいずれ消滅してしまうものです。
ガンではありません。
なかなか消失しない悪性のポリープが発達すると、ガンになりなりやすくなります。

 

 

ポリープは腸内環境が悪化するとできやすくなると言われていますが、ポリープが生じたために腸内環境が悪化することもあって、どちらが先というのは断言しづらいのが現状です。
ポリープは腸壁のどこにでもできますが、とくに中高年の男性では直腸とS状結腸にできやすくなります。

 

ポリープが大きくなると便の流れがポリープに邪魔され、便秘になりやすくなります。
排便されない便は腸に滞留している間にも腐敗が進み、腸内環境を悪化させます。
するとさらにポリープができやすくなり、悪循環に陥ります。

 

便秘が慢性化している方はこうした悪循環に陥っている可能性もあるので、注意する必要があります。

 

悪循環を断ち切るためには、日ごろから食物繊維や水分、乳酸菌などを十分に摂取するよう心がけ、腸内環境を整えることを意識した食生活を送る必要があります。

 

また、適度な運動をして腸の活動を活発にするのも効果的です。

大腸ポリープ〜便秘と関連の深い症状や病気〜関連ページ

大腸がん
便秘が大腸がんの原因になるのではないかという研究もあります。なってからでは遅いです。大腸がん予防のためにもしっかり腸内環境は整えておきましょう。
痔は大きく分けていぼ痔・切れ痔・痔ろうの3種類ありますが、どれも便秘と大きな関連があります。痔の予防や再発にも便秘解消は大きな課題です。
大腸メラノーシス
聞き慣れない名称の病気かもしれませんが、便秘薬の常用などで発症します。大腸メラノーシスの症状や原因、治療法などを解説しています。
腰痛
腰痛が原因で便秘になったり、便秘が原因で腰痛が引き起こされたりと便秘と腰痛は切っても切れない関係にあります。ここでは便秘と腰痛の関係に迫ります。
ニキビや肌荒れ
便秘で腸内環境が悪くなるとニキビや肌荒れの原因となります。美容のためにも便秘はしっかり対策する必要があります。美肌の秘訣は内面からですね。
ポッコリお腹
特に女性の方に多いぽっこりお腹。これも便秘が原因です。腸内環境の悪化でぽっこりお腹になってしまうと様々な不調や病気の原因となったり、美容にもよくないのでしっかり解消していきましょう。