妊娠中の便秘の主な原因

妊娠中の便秘の主な原因

女性は妊娠すると、つわりなどの症状から、食欲が低下して食事の量が減ってしまう人がいます。
また、妊娠中は運動する機会も減ってしまうため、運動不足になります。
その結果、腸の運動力も低下して便秘になりやすくなります。

 

また、妊娠初期から4ヶ月に入るころまでは黄体ホルモンの分泌が活発になります。
黄体ホルモンは体じゅうの水分を集めて子宮内に溜め込もうとします。
このため腸が必要とする水分が足りなくなってしまい、便が硬くなります。
そのうえ子宮を緊張させて腸の運動を弱めてしまうため、余計に便秘になりやすくなります。

 

 

こうした妊娠初期の便秘は妊娠4ヶ月を過ぎたころから落ち着いてきます。
しかし6ヶ月を過ぎると、今度は子宮が大きくなって腸を圧迫し、やはり便秘になりやすくなります。

 

こうした理由から、個人差はありますが、女性は妊娠すると便秘になりやすくなるのです。

 

 

もちろん胎児への影響を考えれば、妊娠中に便秘になったからといって安易に便秘薬を服用してはいけません。
とくに市販の便秘薬のなかには刺激の強いものもあるので危険です。

 

かかりつけの医師に相談したうえで対処するようにしてください。

 

また、食物繊維が豊富な芋類や豆類、海藻類などを積極的に摂るようにして、排便を促しやすくしておくことも重要です。
足りなくなった水分を補給するために、いつもより多めに水分を補給することも大事です。
果物は繊維質が多いものもあり、水分の補給にもなるのでお奨めできます。