高齢者の便秘の主な原因

高齢者の便秘の主な原因

高齢者は便秘になりやすくなります。
原因は加齢による筋力の低下、体が乾燥することによる水分不足、腸内環境の悪化などが考えられます。

 

高齢者は体が乾燥しやすく、便も硬くなりがちです。
加えて筋力が低下することで排便が難しくなります。

 

さらに人間の腸内では、年を重ねるごとに善玉菌が減少し、悪玉菌が増えてしまうので便秘になりやすくなるのです。

 

このため高齢者の場合は日ごろの食生活や生活習慣に注意しなければなりません。
食物繊維の多い豆類や芋類、野菜などを多くとり、同時に水分も摂れる果物や、腸内環境を整えるヨーグルトなども多くとるようにします。

 

また、毎日適度な運動をして筋力の衰えを抑え、腸の動きを活発にすることや、喉が渇いていなくても決められた時間に水分を補給することも重要です。

 

 

このほか、高齢者独特の問題として介護によって便秘になる場合があります。
とくに寝たきりの高齢者の場合、排便時の音や臭いが気になり、恥ずかしさから我慢してしまったり、落ち着いて排便ができないために便秘になる方も多いのです。

 

このため排便時には音楽を流したり、消臭剤を利用するなど、安心して排便ができるような環境を整えてやる必要もあります。

 

服用している薬剤の影響で便秘になる場合もあります。
抗ガン剤や抗うつ剤、利尿剤、血圧降下剤などのなかには、副作用として便秘を引き起こすものもあります。

 

この場合は医師に相談して、便秘の症状を和らげる薬を出してもらうようにしましょう。