男性の便秘の主な原因

男性の便秘の主な原因

少し前までは便秘は女性がなりやすいものでしたが、最近では男性も便秘になることが多くなってきました。
多くはストレス性のけいれん性便秘ですが、偏った食生活が原因となって便秘になる男性もいます。

 

けいれん性便秘は、生活時間の乱れや精神的なストレスから不眠などに陥り、自律神経がバランスを崩して、大腸が過剰に反応することで起こります。
大腸が引きつるために便がうまく排出されなくなってしまうのです。
引きつりがおさまった後も、大腸は激しい運動を継続するため、今度は下痢になります。

 

この便秘と下痢を繰り返す症状が、けいれん性便秘の特徴です。

 

 

食生活の問題から起こる便秘は独身男性に多いものです。
外食がつづくとどうしても食物繊維が不足し、消化の悪い肉や脂分の多い食事が多くなります。
これが腸に負担をかけ、わずかなストレスでも便秘になりやすくなるのです。

 

便秘を予防するためには、できる限りストレスを溜めない生活を意識することが大切ですが、規則正しい生活を送ったり、仕事上のストレスをなくすことは難しいことでしょう。
休みの日に趣味やスポーツでなるべくストレスを発散し、気分転換をはかることをお奨めします。

 

便秘や下痢の症状が出ている方は、刺激の強い食事を避けるようにしましょう。
肉食も控えて消化の良いものをお薦めします。
肉は消化に時間がかかるため、腸に負担をかけます。
辛い料理や冷えたビールなどもお薦めできません。
野菜や豆類、果物などを多く食べて食物繊維を多く摂り、またヨーグルトなども多く摂って腸内環境を整えることを心がけてください。

 

けいれん性の便秘の場合は、腸に刺激を与えて排便を促す刺激系の下剤や便秘薬は、かえって症状を悪化させることがあるので、安易に服用しないようにしましょう。

 

症状が重い場合は医師に相談することをお奨めします。