便秘薬の種類

便秘薬の種類

便秘薬にはさまざまな種類があります。
大きく分けると「整腸剤」「刺激性下剤」「機械性下剤」の3つに分けることができます。

 

 

整腸剤

整腸剤は腸内環境を整える薬です。
腸内の善玉菌を支援するため、牛乳を原料とする乳酸菌由来のものが多く、牛乳にアレルギーのある方は服用できないものもあります。
即効性はありませんが、その分、副作用が少ないので、便秘薬を使い慣れていない方にもお薦めできます。

 

刺激性下剤

刺激性下剤は腸を刺激して運動を活発にし、排便を促す便秘薬です。
これには「大腸刺激性下剤」と「小腸刺激性下剤」があり、刺激性下剤として市販されている便秘薬の多くは大腸刺激性下剤です。
習慣化してしまう副作用があり、下剤依存症になって大腸メラノーシスを起こす危険もあるため、常用は厳禁です。
小腸刺激性下剤は大腸刺激性下剤と比べると副作用が抑えられています。
また、刺激性下剤はけいれん性便秘の人が服用すると、腸の運動がさらに活発になってしまい、症状を悪化させてしまうことがあるので、自分の便秘の特徴を見極めたうえで、十分に注意して服用する必要があります。

 

機械性下剤

機械性下剤は腸ではなく便に働きかけて排便を促す便秘薬です。
これには「塩類系下剤」「糖類系下剤」「膨張性下剤」の3つがあります。

 

塩類系下剤は腸内の塩分濃度を上げ、浸透圧を利用して腸が便から吸収する水分量を抑え、便をやわらかくして排便を促すものです。
糖類系下剤は腸内の水分量を増やして便をやわらかくします。小児用の下剤はこのタイプの薬です。
膨張性下剤は水分を吸収して便のかさを増やし、排便を促します。

 

 

このほか、肛門から挿入して使用する坐薬や浣腸もあります。
浣腸は直腸を刺激して排便を促し、坐薬は肛門から炭酸ガスが発生させて腸の働きを活発にします。
どちらも即効性があるので緊急時に使用されますが、常用すると直腸の感覚が鈍くなって便意が起こらなくなり、便秘が悪化するので注意してください。

保存版!便秘薬の種類まとめ関連ページ

便秘薬って使ってもいいの?
便秘薬や下剤を使うときの選び方や注意するポイントなどを解説しています。