排便のリズムを整えよう〜便秘解消の方法「生活習慣編」

排便のリズムを整える。

トイレは我慢すると身体に悪い。それはだれでも知っていますが、実際に便意が来たらいつでもトイレに行ける人というのは、そう多くはいません。
仕事中、来客中、通勤途中。

 

私たちはさまざまな理由で便意を我慢しなければなりません。

 

 

なぜ便意を我慢すると身体に良くないのかというと、便秘になってしまうからです。
直腸に便が溜まると直腸が刺激され、これを受けて脳が発する信号が便意です。
これを我慢していると、直腸が刺激に慣れてしまい、脳も便意の信号を出さなくなります。

 

この結果、便秘になってしまうのです。

 

忙しい現代人が便秘になりやすいのも道理ですが、解決法もあります。
それが排便の習慣づけです。

 

自分の自由になる時間帯に排便ができるように習慣づけてしまうことです。

 

 

排便にもっとも適しているのは朝です。
通勤や仕事をはじめてしまうと、緊張のために交感神経が活発になります。
このため腸も緊張して排便しづらくなるのです。

 

帰宅時間が決まっているのなら仕事を終えて帰宅した後に排便してもいいのですが、帰宅時間はどうしても不規則になりがちですし、帰宅したからと言ってすぐに緊張が解け、リラックスできる副交感神経に変わるわけでもありません。
残してきた仕事、一日の反省、明日のスケジュールなどでなかなか気が休まりません。

 

このため朝と比べると排便の習慣づけが難しいのです。

 

 

朝、少しだけ余裕をみて早起きして、完全に目覚めていないリラックスした状態のうちに、コップ1杯の水を飲み、腸を刺激します。
その後に朝食をとり、とりあえず便意があろとなかろうとトイレに入ります。

 

これを繰り返していると、やがて朝に排便する習慣ができるようになります。

 

排便を習慣づけることで、便秘を回避できるようになります。

排便のリズムを整えよう〜便秘解消の方法「生活習慣編」〜関連ページ

睡眠をしっかりとって規則正しい生活をしよう
便秘解消のためには睡眠をしっかり取り、規則正しい生活をすることが非常に重要です。
冷えには注意
体が冷えると便秘になりやすくなります。普段の生活から冷えに注意した生活を送ることで便秘予防になります。特に女性の方は冷えやすいので注意しましょう。