腹筋

腹筋

排便は肛門のフタの役目を果たしている肛門括約筋の緊張をゆるめ、腹筋により直腸に溜まった便を押し出すことによって行われます。
排便しているときにあまり気にすることはありませんが、このとき腹筋に相当量の力が加わっています。

 

年を重ねると腹筋はあっという間に衰えてしまいます。
それを象徴するのがたるむお腹。
この腹筋の衰えから便秘になることがあります。
腹筋が衰えてしまったことで、便を押し出すことができなくなってしまうのです。

 

また、腹筋がそこまで衰えている場合は、運動不足により内臓の活動も衰えている可能性があります。
これも便秘の原因になります。

 

 

便秘の解消には運動が効果的と言われますが、運動の効果には血行を良くし、腸の活動を活発にすることのほかに、腹筋を鍛えることで排便しやすくすることもあるのです。
運動は苦しいストレッチである必要はありません。
そうした運動は筋肉を傷める可能性があるだけでなく、長続きしないのです。
準備運動のような軽いストレッチ、ジョギングやウォーキング、水泳やヨガといった無理のない運動が適しています。

 

 

腹筋を鍛える運動を行う場合は、最初は1度に行う数にこだわらず、疲れない程度に何度かに分けて行うといいでしょう。
慣れてきたら1度に行う数を少しずつ増やしていきます。この場合も、疲れるほど行う必要はありません。
健康のための運動は疲れるほどやるよりも、継続することのほうが重要です。

 

腹筋運動は腹式呼吸しながら行うと、より効果的です。

 

 

運動で便秘を解消するときに注意しなければならないのは、便秘の原因の見極めです。
たとえば便秘の原因が骨盤のゆがみにあった場合は、それに適した運動やストレッチにしないと効果が上がりません。

 

便秘が慢性化している方は、一度診察を受けて自分の便秘の原因を知っておくことをお奨めします。

腹筋〜便秘解消の方法「運動編」〜関連ページ

ウォーキング
適度な運動が便秘解消にはいいです。ウォーキングは簡単に取り入れることができて効果的な運動のひとつです。ウォーキングをする際のポイントなどを解説しています。
ツボ・マッサージ
便秘解消のためにツボ・マッサージを取り入れるのもいい方法です。どんなツボやマッサージが便秘に効果的なのでしょうか?
ストレッチ
ストレッチをすることは便秘解消には効果的です。どのようなストレッチがいいのか?やる時間は?など気になる便秘のためのストレッチについての情報を掲載しています。