ダイエット中の便秘の主な原因

ダイエット中の便秘の主な原因

女性なら一度はダイエットを意識したことがあるでしょう。

 

ダイエットは本来、日頃の食生活に注意していれば健康的にできるものですが、それには長い時間がかかります。
多少の体重ならそれでもなんとかなりますが、問題は一度太ってしまった体をもとに戻すとき。

 

我慢で苦しむのなら、できることなら短期間に終わらせたいもの。
誰でもそう考えてしまいますが、それが無理なダイエットにつながってしまうのです。

 

 

無理なダイエットは体にさまざまなトラブルを引き起こします。

 

そのひとつが便秘。

 

正常な排便は通常の食生活を前提としています。
無理な食事制限をすれば、それだけ排便も正常にはいかなくなってしまうのです。

 

排便は便が直腸に溜まった時点で便意を感じて行われますが、食事量が減ればそれだけ便の量も減り、便意も感じづらくなります。

 

排便が少なくなると、便が腸内にとどまっている時間が長くなりますが、大腸は水分を吸収する働きがありますから、便が腸内にとどまっている時間が長くなれば、それだけ硬くなってしまいます。
その結果、余計に排便しづらくなるのです。

 

なかにはダイエットで便秘になると便秘薬を使用する方がいます。
便秘薬を使用することで腸の内容物を排出すれば、ダイエットにもつながるので一挙両得と考える方もいるようですが、これは大きな間違いです。

 

便秘薬は大腸を刺激することで排便を促す薬です。
本来、大腸は内容物があれば自然と運動して排便を促します。
ところが便秘薬を常用していると、便秘薬を服用しなければ排便できなくなってしまうことがあるのです。
こうした状態を「下剤依存症」といって、立派な病気です。

 

頻繁に便秘薬を使用するようになると腸内環境も悪化し、肌荒れや口臭といったさまざまなトラブルを引き起こします。
便秘薬の常用は危険ですので、絶対に避けてください。

 

せっかくダイエットをしても健康が損なわれたのでは意味がありません。
食事量を無理に減らしたり、極端に偏った食事内容にするのは危険ですから避けるようにしてください。

 

食物繊維を多く摂取してカロリーを抑えながらきちんと食事をとり、排便をするように心がけることをお奨めします。
とくに朝食と水分の摂取は排便のために重要です。

 

ダイエットでは朝食をしっかりととり、水分もきちんと摂取するように心がけましょう。