水分の不足〜よくある便秘の原因を解説〜

水分の不足〜よくある便秘の原因を解説〜

私たちの体を活動させ、維持していくためには、エネルギーばかりでなく、大量の水分が必要です。

 

運動をすれば汗をかきますし、老廃物を尿として排出する時にも水分は欠かせません。
体に溜まった老廃物を排出するためには、1日最低でも500mlの尿を出さなければならないと言われています。
老廃物を排出するだけでも、ペットボトル1本分の水分が失われているのです。

 

水分は失われる分を補給しなければなりません。
成人が健康にすごすためには、毎日2リットル程度の水分補給が必要だと言われています。
子どもの場合は大人よりも新陳代謝が活発なので、もっと必要になります。

 

この水分は、大腸の働きや便秘とも大きなかかわりがあります。
大腸は食べたものから水分を吸収する働きがあります。

 

胃、十二指腸、小腸と運ばれてくる過程で栄養を吸収された食べ物のカスは、大腸で水分を吸収されて個体の便となり、排出されます。
このとき、体に水分が足りないと便が硬くなりすぎてしまい、便秘になることがあります。

 

また、大腸の活動は水分を必要とするため、水分が足りないと大腸が活発に動かなくなり、やはり便秘になりやすくなります。

 

人間は寝ている間にも大量の汗をかきます。
このため、朝起きたら、まずコップ1杯の水を飲むことをお奨めします。

 

水分を補給することで、寝ている間に働いていなかった腸が刺激され、便を排出しやすくなるのです。

 

便秘を解消するためにも、起きがけの水分補給を習慣づけるようにしましょう。

水分の不足〜よくある便秘の原因を解説〜関連ページ

なぜ便秘になるの?便秘の原因を知ろう!
便秘を解消するにはなぜ便秘になるのか原因を知ることが非常に重要です。色々な便秘の原因について解説していきます。
食物繊維の不足
食物繊維の不足は便秘の原因のなかで大きな部分を占めます。野菜やサプリなどで食物繊維をしっかり摂ることが便秘解消への大きな一歩となります。
ストレス
生きていく上でストレスは避けられないものですが、ストレスも便秘の原因になる以上、なんとかストレスを軽減する努力をした方がいいでしょう。
運動不足
運動不足は便秘の原因になるだけでなく、肥満や生活習慣病など様々な体の不調の原因となります。日々無理のない程度にしっかり運動を取り入れていきたいものですね。
病気
病気になることで便秘が症状として出てくることがあります。たかが便秘と油断せず、ここに書いてあるような症状が出てくればお医者さんに相談するようにしましょう。
生活のリズム
生活のリズムが崩れることで便秘になることもあります。また不規則な生活も便秘の大敵です。 しっかりと生活のリズムを整えるようにしましょう。
排便のリズム
毎日、同じ時間に排便することが便秘予防には非常に重要です。便秘の原因となる排便のリズムの乱れについて解説しています。
便秘薬・下剤依存
便秘解消のためとは言え、過度に便秘薬や下剤に頼ると便秘が慢性化してしまいどんどん悪化してしまうこともあります。薬の使用はほどほどにしておきましょう。