排便のリズム〜よくある便秘の原因を解説〜

排便のリズム〜よくある便秘の原因を解説〜

効率化を求められる現代では時間の密度が高くなっているため、なかなか思うように自分の時間をつくるということができません。
それが一日のリズムを狂わせ、生活のリズムを乱し、排便も不安定なものにさせています。
そうした忙しい現代社会にあって、朝は比較的に貴重な自分の時間がつくりやすい時間帯です。
この時間帯を利用して排便のリズムをつくり、なるべく便秘にかからないようにしましょう。

 

実際、朝食を抜くと便秘になりやすくなります。
食事は大腸を刺激しますが、昼食時は仕事の合間で交感神経が働いているため、緊張して便意が起きづらいのです。
仕事中は便意が起きても我慢してしまうことが多く、これが続くと便秘になってしまいます。

 

なぜ便意が起きるかというと、便が溜まることで直腸が刺激を受け、脳が排便を促す信号を出すためです。

 

ところが排便をあまり我慢していると直腸が刺激に慣れてしまい、便が溜まってもそれを刺激とは感じなくなってしまいます。
その結果、脳も排便を促す信号を出さなくなってしまうのです。

 

直腸の手前にある大腸には内容物の水分を吸収する働きがありますから、便は大腸にとどまっている時間が長いほど硬くなっていきます。
この結果、便は直腸で詰まりやすくなり、ますます排出しづらくなっていきます。
それを無理に押し出そうとすると痔になってしまうこともあります。

 

便秘はお腹の張りや頭痛といった、さまざまなトラブルを引き起こしていくことがあるので、排便は重要です。

 

健康のためにも朝食と朝の排便を習慣づけることをお奨めします。

排便のリズム〜よくある便秘の原因を解説〜関連ページ

なぜ便秘になるの?便秘の原因を知ろう!
便秘を解消するにはなぜ便秘になるのか原因を知ることが非常に重要です。色々な便秘の原因について解説していきます。
食物繊維の不足
食物繊維の不足は便秘の原因のなかで大きな部分を占めます。野菜やサプリなどで食物繊維をしっかり摂ることが便秘解消への大きな一歩となります。
水分の不足
水分が不足すると便が硬くなり便秘の原因となります。
ストレス
生きていく上でストレスは避けられないものですが、ストレスも便秘の原因になる以上、なんとかストレスを軽減する努力をした方がいいでしょう。
運動不足
運動不足は便秘の原因になるだけでなく、肥満や生活習慣病など様々な体の不調の原因となります。日々無理のない程度にしっかり運動を取り入れていきたいものですね。
病気
病気になることで便秘が症状として出てくることがあります。たかが便秘と油断せず、ここに書いてあるような症状が出てくればお医者さんに相談するようにしましょう。
生活のリズム
生活のリズムが崩れることで便秘になることもあります。また不規則な生活も便秘の大敵です。 しっかりと生活のリズムを整えるようにしましょう。
便秘薬・下剤依存
便秘解消のためとは言え、過度に便秘薬や下剤に頼ると便秘が慢性化してしまいどんどん悪化してしまうこともあります。薬の使用はほどほどにしておきましょう。