ストレス〜よくある便秘の原因を解説〜

ストレス〜よくある便秘の原因を解説〜

「ストレス」という言葉を耳にすることは多いと思いますが、たいていは悪い意味で使われています。

 

しかし、ストレスは根っからの悪者というわけではありません。
人間が生きていくには必要なものでもあります。

 

 

緊張や不安、怒りといった感情がストレスと呼ばれますが、これらの感情はもともと自分の身を守るために備わっているものです。
ストレスが便秘を引き起こすとも言われますが、その緊張のおかげで外出時や人前で頻繁に便意を感じずに済んでもいるのです。

 

問題はその度合いです。

 

 

自分の臓器ではありますが、私たちは臓器を自由にコントロールすることができません。
その仕事をしているのは自律神経です。

 

自立神経は交感神経と副交感神経を切り替えて、私たちの体が常に最適な状態を維持できるようにしています。

 

交感神経は主に日中、緊張しているときに働く神経で、血管を収縮させ、腸の働きを抑制します。
このため、便意はあまり感じなくなります。

 

仕事を終え、夜になると副交感神経に切り替わります。
副交感神経はリラックスしているときに働く神経で、血管を広げ、腸の運動も活発にしてくれます。

 

便意を感じやすいのは、この状態です。

 

この交感神経が働いている緊張を要する時間が長く、過剰になると、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくなり、交感神経が常に働いているようになってしまいます。
そのために体がリラックスすることがなく、睡眠不足など、さまざまなトラブルが起こります。

 

そのひとつとして、腸が絶えず緊張状態におかれ、便秘になりやすくなるのです。

 

ストレスが原因の便秘の特徴は、便秘と下痢をくり返すけいれん性便秘です。
腸の運動が過敏になりすぎたために、大腸の一部が引きつった状態になり、その部分に便がたまって便秘になります。
引きつりがとけると、今度は腸が激しく運動し、食べ物から十分に水分を吸収しないうちに排便に押し出してしまうため、下痢になるのです。

 

こうしたストレスによる便秘は、生活や職場の環境が変わると起きやすくなります。
それだけ強い緊張を強いられるためです。

 

環境に慣れてくれば、自然と解消されていきますが、これといった理由が思い当たらないのに、下痢や便秘を繰り返したり、いつまでも下痢や便秘が治らない場合は、医師に相談することをお奨めします。

ストレス〜よくある便秘の原因を解説〜関連ページ

なぜ便秘になるの?便秘の原因を知ろう!
便秘を解消するにはなぜ便秘になるのか原因を知ることが非常に重要です。色々な便秘の原因について解説していきます。
食物繊維の不足
食物繊維の不足は便秘の原因のなかで大きな部分を占めます。野菜やサプリなどで食物繊維をしっかり摂ることが便秘解消への大きな一歩となります。
水分の不足
水分が不足すると便が硬くなり便秘の原因となります。
運動不足
運動不足は便秘の原因になるだけでなく、肥満や生活習慣病など様々な体の不調の原因となります。日々無理のない程度にしっかり運動を取り入れていきたいものですね。
病気
病気になることで便秘が症状として出てくることがあります。たかが便秘と油断せず、ここに書いてあるような症状が出てくればお医者さんに相談するようにしましょう。
生活のリズム
生活のリズムが崩れることで便秘になることもあります。また不規則な生活も便秘の大敵です。 しっかりと生活のリズムを整えるようにしましょう。
排便のリズム
毎日、同じ時間に排便することが便秘予防には非常に重要です。便秘の原因となる排便のリズムの乱れについて解説しています。
便秘薬・下剤依存
便秘解消のためとは言え、過度に便秘薬や下剤に頼ると便秘が慢性化してしまいどんどん悪化してしまうこともあります。薬の使用はほどほどにしておきましょう。