生活のリズム〜よくある便秘の原因を解説〜

生活のリズム〜よくある便秘の原因を解説〜

朝食は一日でもっとも大事な食事と言う方もいます。

 

朝食は寝ぼけている体の器官に刺激を与えて目覚めさせる行為です。
朝食をとることで消化器官全体が動き出し、食事をした後は大腸の活動が活発になります。
このため排便もしやすくなります。

 

逆に朝食を抜いてしまうと体の器官も目覚めるきっかけを失ってしまい、便秘になりやすくなります。

 

朝食は必ず食べるようにしましょう。

 

ほかにも生活リズムが原因となる便秘に、起床時間や就寝時間の乱れがあります。

 

人間には一定の体内時計があります。
体の器官も、この体内時計をもとにして一定の生活リズムを予測して活動しています。

 

ところが就業時間が不規則だったり、夜更かしをしたりすると、体は予測していたリズムと違うため、うまく体の器官を動かす事ができなくなってしまいます。
その影響が大腸の活動にもあらわれて、便秘になってしまうのです。

 

また、生活リズムの乱れはストレスにもなりやすく、その点でも便秘を誘発してしまいます。

 

便秘を解消するには、こうした生活リズムの安定が欠かせません。

 

仕事の都合などで、どうしても調整できない場合は、起床した後に必ず食事をとるようにし、その後になるべくリラックスする時間を設けるようにして、生活時間の変化を大腸に気づかせるようにしましょう。
それだけでも、だいぶ違うはずです。

 

また、不規則な生活は腸を荒らしやすくなります。
同時に食物繊維や乳酸菌を摂取するようにして、腸内環境の改善につとめることも大事です。

生活のリズム〜よくある便秘の原因を解説〜関連ページ

なぜ便秘になるの?便秘の原因を知ろう!
便秘を解消するにはなぜ便秘になるのか原因を知ることが非常に重要です。色々な便秘の原因について解説していきます。
食物繊維の不足
食物繊維の不足は便秘の原因のなかで大きな部分を占めます。野菜やサプリなどで食物繊維をしっかり摂ることが便秘解消への大きな一歩となります。
水分の不足
水分が不足すると便が硬くなり便秘の原因となります。
ストレス
生きていく上でストレスは避けられないものですが、ストレスも便秘の原因になる以上、なんとかストレスを軽減する努力をした方がいいでしょう。
運動不足
運動不足は便秘の原因になるだけでなく、肥満や生活習慣病など様々な体の不調の原因となります。日々無理のない程度にしっかり運動を取り入れていきたいものですね。
病気
病気になることで便秘が症状として出てくることがあります。たかが便秘と油断せず、ここに書いてあるような症状が出てくればお医者さんに相談するようにしましょう。
排便のリズム
毎日、同じ時間に排便することが便秘予防には非常に重要です。便秘の原因となる排便のリズムの乱れについて解説しています。
便秘薬・下剤依存
便秘解消のためとは言え、過度に便秘薬や下剤に頼ると便秘が慢性化してしまいどんどん悪化してしまうこともあります。薬の使用はほどほどにしておきましょう。