食物繊維の不足〜よくある便秘の原因を解説〜

食物繊維の不足〜よくある便秘の原因を解説〜

食物繊維は人間の消化器官では消化できないので、かつては役に立たない食べ物と考えられていました。
その後、食物繊維は大腸で腸内細菌が脂肪酸に変換し、エネルギー源として吸収されていることが分かり、考えが改められて栄養源として重要視されるようになりました。

 

便秘を解消するためには食物繊維が効果的と言われていますが、これは大腸が食物繊維の存在を前提とした器官だからです。
食物繊維が不足すると大腸が働くなり、機能不全に陥って便秘になってしまうことがあるのです。

 

食物繊維と言うと真っ先に野菜を思い浮かべる方が多いと思いますが、実際は野菜よりも豆類や芋類、きのこ、穀物類、果実などに多く含まれている成分です。
野菜を多く食べているので食物繊維は十分に摂っていると思いながら、実は全然足りていなかったということもあるので、注意しましょう。

 

また、食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維とがあります。
水溶性食物繊維は果物、コンブなどの海藻、こんにゃく、ゴボウなどに多く含まれていて、食後の血糖値の上昇を抑えてコレステロールを抑制します。
いっぽう、大腸の活動を促すのは不溶性食物繊維のほうで、野菜などに含まれているのも不溶性食物繊維です。
単に食物繊維だからというのではなく、食物繊維の種類やその効能も意識して摂取することをお奨めします。

 

腸の健康を保つためには、食物繊維とともに腸内環境を整える乳酸菌を一緒に摂取すると、より効果的です。
また、水分もしっかりとるようにしましょう。

 

食物繊維は基本的に消化されず、便となって排出されますが、食物繊維は水分を吸収するため、水分をしっかりとると便をやわらかくしてくれるのです。

食物繊維の不足〜よくある便秘の原因を解説〜関連ページ

なぜ便秘になるの?便秘の原因を知ろう!
便秘を解消するにはなぜ便秘になるのか原因を知ることが非常に重要です。色々な便秘の原因について解説していきます。
水分の不足
水分が不足すると便が硬くなり便秘の原因となります。
ストレス
生きていく上でストレスは避けられないものですが、ストレスも便秘の原因になる以上、なんとかストレスを軽減する努力をした方がいいでしょう。
運動不足
運動不足は便秘の原因になるだけでなく、肥満や生活習慣病など様々な体の不調の原因となります。日々無理のない程度にしっかり運動を取り入れていきたいものですね。
病気
病気になることで便秘が症状として出てくることがあります。たかが便秘と油断せず、ここに書いてあるような症状が出てくればお医者さんに相談するようにしましょう。
生活のリズム
生活のリズムが崩れることで便秘になることもあります。また不規則な生活も便秘の大敵です。 しっかりと生活のリズムを整えるようにしましょう。
排便のリズム
毎日、同じ時間に排便することが便秘予防には非常に重要です。便秘の原因となる排便のリズムの乱れについて解説しています。
便秘薬・下剤依存
便秘解消のためとは言え、過度に便秘薬や下剤に頼ると便秘が慢性化してしまいどんどん悪化してしまうこともあります。薬の使用はほどほどにしておきましょう。