運動不足〜よくある便秘の原因を解説〜

運動不足〜よくある便秘の原因を解説〜

腸は運動することで正常な機能を維持していますが、運動のためには筋力を使っています。
このため筋力が低下すると腸の機能も低下してしまいます。

 

とくに低下するのは便を押し出す機能です。
大腸には水分を吸収する働きがあるため、便は腸に停滞している時間が長くなるほど、硬くなってしまいます。

 

いっぽう、排便のときにも筋力が必要です。
筋力が衰えるといきむ力も衰え、うまく排便できなくなってしまうのです。
便が硬くなったうえに排出しづらくなるのですから深刻です。

 

 

筋力の衰えによって起こる便秘のことを弛緩性便秘といいます。
解消するためには腸を刺激して運動を活発にしてやるしかありません。
具体的には運動をして腹筋の筋力を鍛えることです。

 

筋力は放っておくと加齢によって衰えてきますから、定期的に行う必要があります。

 

腹筋を鍛えるといっても、激しい運動をする必要はありません。
軽いストレッチやヨガ、ウォーキングといった有酸素運動でも効果はあります。

 

重要なのは長続きさせることです。

 

女性は加齢でなくても、この弛緩性便秘になりやすいと言います。

 

女性はもともと男性よりも腹筋や横隔膜の筋力が弱いのです。
また、妊娠すると余計に運動しなくなるので便秘になってしまいます。

 

散歩でもかまいません。
女性はとくに日ごろの運動を心がけるようにしましょう。

運動不足〜よくある便秘の原因を解説〜関連ページ

なぜ便秘になるの?便秘の原因を知ろう!
便秘を解消するにはなぜ便秘になるのか原因を知ることが非常に重要です。色々な便秘の原因について解説していきます。
食物繊維の不足
食物繊維の不足は便秘の原因のなかで大きな部分を占めます。野菜やサプリなどで食物繊維をしっかり摂ることが便秘解消への大きな一歩となります。
水分の不足
水分が不足すると便が硬くなり便秘の原因となります。
ストレス
生きていく上でストレスは避けられないものですが、ストレスも便秘の原因になる以上、なんとかストレスを軽減する努力をした方がいいでしょう。
病気
病気になることで便秘が症状として出てくることがあります。たかが便秘と油断せず、ここに書いてあるような症状が出てくればお医者さんに相談するようにしましょう。
生活のリズム
生活のリズムが崩れることで便秘になることもあります。また不規則な生活も便秘の大敵です。 しっかりと生活のリズムを整えるようにしましょう。
排便のリズム
毎日、同じ時間に排便することが便秘予防には非常に重要です。便秘の原因となる排便のリズムの乱れについて解説しています。
便秘薬・下剤依存
便秘解消のためとは言え、過度に便秘薬や下剤に頼ると便秘が慢性化してしまいどんどん悪化してしまうこともあります。薬の使用はほどほどにしておきましょう。