赤ちゃんの便秘の主な原因

赤ちゃんの便秘の主な原因

赤ちゃんは話せませんし、自分の状態を判断することもできません。
たとえば赤ちゃんが便秘になっても、そのことをまわりに知らせることができません。
おかあさんが注意して判断してやらなければなりません。

 

この判断がけっこう難しいのです。

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんは母乳やミルクしか摂取しないので、硬いウンチは出ません。

 

また、小さいうちはちょっとしたことでも便がつまることがあるので、1、2日程度大便が出ないこともあります。
排便の際に顔を赤くしていきむのも、赤ちゃんにとっては自然なことです。

 

これらは下痢や便秘ではないので、それほど心配することはないと思います。

 

そうした症状が3日以上続き、赤ちゃんがぐずったり食欲が無いようなら、一度医師に相談して診察を受けてみるようにしましょう。

 

 

また、赤ちゃんは離乳食を始めたころに便秘になりやすくなります。
それまでは母乳やミルクなどの液体しか口にしていなかった赤ちゃんが、固形物を摂るようになるのですから、どうしても便が硬くなってしまい、出にくくなってしまうのです。

 

これはたいていの赤ちゃんで起こることで、異常なことではありません。
ただ、この場合も赤ちゃんが大泣きを続けるなど、ほかに異常を感じた場合は、医師に相談してみましょう。

 

赤ちゃんの便秘を回避する一番の方法は、なんといっても親との交流です。

 

運動ができない赤ちゃんにとっては、両親とのスキンシップは大切な運動になります。

 

また、そうすることでおかあさんも子どもの微妙な変化に気づきやすくなります。
赤ちゃんを不安にさせてストレスを与えないためにも、なるべく赤ちゃんと触れ合う時間を持つようにしましょう。