便秘の種類にはどのようなものがあるの?

便秘の種類

ひと口に「便秘」と言っても、いくつかの種類があります。その代表的なものが機能性便秘と器質性便秘です。

 

機能性便秘

胃や小腸や大腸などの消化器官の機能が低下することで起こる便秘です。
一般的に便秘と呼ばれるのは、この機能性便秘のことで、一過性のものが多いのですが、なかには習慣化して慢性の便秘になってしまうこともあります。

 

器質性便秘

腸のトラブルによって起こる便秘です。
腸のトラブルには腸閉塞や腸捻転、腹膜炎、大腸ガンなど、さまざまなものがあります。腸の長さや大きさの異常によって起こるものもあります。
器質性便秘の場合は、待っていても排便には至らないため、医師に相談して対処しなければなりません。

 

 

さらに機能性便秘には、弛緩性便秘やけいれん性便秘、直腸性便秘といった種類があります。

 

弛緩性便秘

大腸の筋力が低下し、便を押し出すことができなくなったために起こる便秘です。
高齢者やお産を経験した女性に多い便秘です。

 

けいれん性便秘

おもにストレスが原因で自律神経が乱れ、腸の運動が激しくなりすぎた結果、便秘になってしまうものです。
多くの場合、下痢と便秘を交互に繰り返すのが特徴です。

 

直腸性便秘

便が直腸に溜まっているにもかかわらず、便意が起きない状態です。
おもに便意があっても我慢してしまい、やがて便意が消失し、それが習慣化することで起こります。

便秘の種類にはどのようなものがあるの?関連ページ

便秘とは?どのような症状なら便秘なの?
どういう症状なら便秘というのかなど便秘の定義について解説しています。
排便の仕組みを知ろう!
便秘で悩む方のためにまず排便の仕組みを知ることで快便の手がかりにして欲しいと思っています。
直腸性便秘とは?症状と主な原因について
便秘の種類のひとつ「直腸性便秘」とはどのような症状で、どのような原因でなるのかを解説しています。
けいれん性便秘とは?症状と主な原因について
数ある便秘のなかの「けいれん性便秘」について、どのような症状で、どのような原因でなるのかその特徴などを解説しています。
弛緩性便秘とは?症状と主な原因について
数ある便秘の種類のなかでも「弛緩性便秘」に焦点をあて、その症状や原因の解説をしています。