直腸性便秘とは?症状と主な原因について

直腸性便秘とは?症状と主な原因について

現代人は時間に追われています。
朝は数分を追ってあわてて出勤し、アポイントに追われて急いで書類を用意し、上司に作業の効率化を迫られ、そのくせ長い会議に拘束されたりします。

 

便意がもよおうしても我慢せざるをえない状況は少なくありません。
移動が多い仕事をしている方も、我慢しなければならない状況は多いですね。

 

それが時折のことであればいいのですが、たびたび続くと便秘になってしまうことがあります。

 

これが直腸性便秘の典型例です。

 

直腸性便秘は便が直腸に溜まっているにもかかわらず、便意が起きない状態ですが、浣腸の使いすぎで直腸の感覚が鈍くなり、直腸性便秘になってしまうこともあります。

 

腸は食べたものの水分を吸収する働きがありますから、直腸性便秘になって便が腸に長く滞在していると、カチカチに硬くなってしまいます。
硬くなった便が直腸付近に溜まると肛門を塞いでしまい、腸内にガスや便がどんどん溜まっていきます。
これは大変苦しい状態で、それを無理に出そうとすると痔になってしまうこともあります。

 

直腸性便秘で注意しなければならないのは、安易に刺激性の下剤を使用してはならないということです。
こうした薬を使用すると、その作用で便が直腸につぎつぎと送り込まれ、かえって悪化してしまうことがあるのです。

 

根本的な解決法は生活を改善するしかありません。
毎日早起きをして朝トイレに行く習慣を身につけることです。
最初はトイレに入っても便意はわきませんが、続けていると排便できるようになります。
無理をすると痔になってしまうこともあるので、気長に続けることをお奨めします。

直腸性便秘とは?症状と主な原因について関連ページ

便秘とは?どのような症状なら便秘なの?
どういう症状なら便秘というのかなど便秘の定義について解説しています。
排便の仕組みを知ろう!
便秘で悩む方のためにまず排便の仕組みを知ることで快便の手がかりにして欲しいと思っています。
便秘の種類にはどのようなものがあるの?
一口に便秘といってもその原因や症状は様々です。ここでは便秘の種類を分かりやすく解説しています。
けいれん性便秘とは?症状と主な原因について
数ある便秘のなかの「けいれん性便秘」について、どのような症状で、どのような原因でなるのかその特徴などを解説しています。
弛緩性便秘とは?症状と主な原因について
数ある便秘の種類のなかでも「弛緩性便秘」に焦点をあて、その症状や原因の解説をしています。